愛車 手放す

愛車を手放す際に知っておきたいこと

 

愛車を手放す際に
どのような手続きが必要になるのかご存知でしょうか。

 

愛車を手放した後に、
税金等で損をするような事をしたくないですよね。

 

今回は、車の手続きや、
税金などで損をしてしまう事の無いように、
ご説明いたします。

 

手続きは基本無料

 

車の廃車手続きは、
車に乗っている以上必ずと言っていいほど
経験するものです。

 

車屋に依頼をすると、
手数料などで数万円を請求されるのですが、
基本的に車の廃車を自分で陸運支局にて行う事で、
基本的に無料でできる事はご存知でしょうか。

 

必要書類を揃えるために、
少しお金が必要にはなりますが
掛かっても数百円くらいでしょう。

 

しかし、手続きを自分で行うとなると、
なかなか書類が多く大変です。

 

そこで利用できるのが、
買い取り業者です、
買い取り業者に依頼する事で
廃車や名義変更なども
買い取り業者が行いますので
無料で手放す事ができ、
更に買い取り業者に売却するので、
お金まで振り込まれてきます。

 

ここで、車屋に下取りに出すと、
無料でやってくれると
言われる方もいらっしゃいますが、
本当にそうでしょうか。

 

もし手元に車屋、特にディーラーで作成された見積もりや、
契約書があれば確認してほしいのですが、
下取り手数料や査定料などと言った項目はありませんか。

 

下取りとして出す車にも関わらず、
下取りに関する手数料が記載されている事から、
ディーラーなどでの下取りは必ずしも
無料ではないと言えるのです。

 

車を手放すタイミング

 

車を手放すタイミングとして、
何を重点とするかにもよりますが、
例えば手放すタイミングによっては
税金が必要になるとしたら、
税金が掛からない時期に手放したいですよね。

 

これは、基本的に
届け出車(軽自動車)に当てはまるのですが、
届け出車(軽自動車)の場合は
市町村などが管理していますので、
月割りでの返還がありません。

 

ですので、
4月1日時点で所有されている方に
支払いの義務が発生するのですが、
4月2日に手放しても
1年分の税金を払わなければなりません。

 

1日だけ所有していても
1年分払うとなると勿体ないですよね。

 

そこで3月中に廃車ができるように
手放す事で1年分の税金は支払わなくても良くなるのです。

 

しかし、ここで気を付けておきたいのが、
年度末は陸運局が込み合い
廃車などの手続きができない
可能性があるという事と、
車屋は引き取って14日以内に廃車手続きをすれば良い
という法律に守られているという事です。

 

この法律によりもしギリギリに、
車屋へ渡してしまい手続きが間に合わなくても
税金の支払い義務は皆さんへ発生してしまうのです。

 

このような事が起きてしまわないように、
余裕を持って手放すと良いでしょう。

 

また、登録自動車(普通車)は
月割りの返還がありますので、
月初よりは中旬くらいに手放すと、
払った税金分は乗って手放すことができますよ。

 

保険はどうする

 

愛車を手放す際に気になるのが、
保険ですよね。

 

乗り換えならば、
車両入替をすると
問題は無いかと思うのですが、
問題は減車などですよね。

 

今は車が必要ないからと
車を手放してしまった際に、
保険を解約されるのでしょうが、
数年後にまた車が必要になるかもしれません。

 

そこで保険代理店で、
しっかりと相談をしてください。

 

保険会社によっては、
解約した後数年に渡り、
解約時の保険等級を
引き継いで再度保険に加入できるような
措置があるものもありますので、
保険の等級で損をしなくて良いようにしましょう。

 

暫くは休止扱いで大丈夫であれば
休止手続きで大丈夫であれば休止でも良いかもしれませんね。

 

なので、必ず電話での解約ではなく、
来店での解約手続きをしましょう。

 

また保険も
月割りでの返金などがありますので、
月の締め日前に解約する事で
返金が少し多くなることがありますよ。

 

このように車を手放すにも
タイミングが大切ですので、
タイミングを見極めるのが大切ですよ。